ネイティブフラワー特集 ~リューカデンドロン~

こんにちは!
前回に引き続き、ネイティブフラワーをまた1つご紹介しようと
思います(´・ω・`)

今回は、リューカデンドロンについて・・(^^♪~

このネイティブフラワーは花や蕾が苞葉(ほうよう)の中に
隠されている、珍しい植物です。
苞葉というのは、蕾を包むように葉が変形した部分をいいます。
花のように色付いた苞葉が特徴的です。

こちらは、ゴールデンカップという種類で、
ドライにしてもとても丈夫で色味が素敵ですよ♡

SWAGにすると。。

インパクトもしっかりあって、それでいて他の花の邪魔には
ならないのも素敵です♬

リューカデンドロンもたくさんの品種があるので面白い!

こちらは、プリモサスという品種でドライにすると
ふわふわとした綿毛のようになるのでこれからの季節に
ピッタリですよね( *´艸`)

ミニSWAGに♪
クリスマスリースなどにも人気なプリモサス♡

そして最後にこちら。。

サファリサンセット

リューカデンドロンで調べられると、こちらが
よく取り上げられているほど代表的な品種です。

緑に赤く染まった苞葉が特徴的で、
ドライにすると写真のように赤がボルドーになって
シックでかっこいい印象に。。♡

他にもまだまだ何十もの品種があるようです♪

リューカデンドロンの花言葉は、
もの言わぬ恋・閉じた心を開く・沈黙の恋・絢爛たる情熱
花を隠した姿からこの花言葉をつけられている様です。

お気に入りは見つかりましたか?

以上!リューカデンドロンでしたっ♪

またネイティブフラワー特集を更新します(*^-^*)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください